帰化申請の手続きはホント大変でした

先日は本当に疲れた一日でした。途中で財布を忘れたことに気付き、駅から自宅へ取りに戻りました。財布のなかに、帰化申請のことでお世話になる予定の行政書士さんの名刺が入ってたから、いつもなら忘れてもどーになると思っていたのですが、帰化申請のこともあったので急いで戻りました。
やっと会社に着いたと思ったらすぐに会議が始まって、今度は会議のメインになる帰化申請の資料が4部足らなくてメチャクチャ焦りました。事務の子が間違えただけでしたが、割りと大きな会議で役員の方達も来てたのでしどろもどろでした。
午前中からこれじゃ、先が思いやられると思い、ここでもう既にガックシです。
本当に運が悪くて、お昼にいつも行くお店がなぜか混んでいて入れないし、違う店に入ったら部長からの厄介な仕事メールで突如飛んできて残業確定だし、そんなガックリしたお昼が終わるとまだまだありました。
午後に入って、帰化申請のことで打合せの予定が入っていた行政書士さんが体調不良で今日打ち合わせできないことが分かり、違う人が来ることになりました。お財布を取りに自宅へ戻らなくても良かったことに後悔。
帰化申請の打ち合わせまでデスク仕事をしていたら、帰化申請の資料漏れの子とは違う事務の子が突然やって来て、会議中にもらっていた顧客からの電話の報告を忘れていたと言われ、即電話したんだけど、これがまた話の長い人で40分くらい拘束されちゃいました。
そのあとダッシュで帰化申請の打ち合わせのために会社近くのお店へ向かって汗をかきながら初対面の行政書士さんに挨拶。
なかなかいい雰囲気の人で話が弾みました。ここは今日唯一良かったことですね。帰化申請のことでこちらは初めてのことばかりだったので、元々手取り足取り教えてもらう予定で、まさにその通りゼロから勉強に付き合ってもらった感じでした。
それもあって予想していた打ち合わせ時間を余裕でオーバーし、会社に戻って今日のについの打ち合わせ資料を遅くまで作成しました。明日の朝一で上に出さなきゃいけないのでまた猛ダッシュでしたよ。
それが終わったら部長からの頼まれた仕事で結果終電。かと思いきや、タッチの差で終電に乗れずタクシー。終電に乗れる予定で報告してたので経費が落ちないという無念な事実。
もう本当、昨日は最悪な日でしたよ。だから今日はさっさと仕事を終わらすことだけを考えてました。願い叶って今こうして昨日の散々な出来事の愚痴をこぼしているわけです。
明日また帰化申請のあの行政書士さんと打ち合わせです。また資料で時間を取られることになりそうですが、金曜なので頑張れそうです。