ほくろ取りにチャレンジしました

■メラノーマとほくろの見分け方
【ほくろ】
形は大概円形や楕円形で、左右対称の丸い形をしています。 色は一様。肌の色との境目もはっきりしています。
【メラノーマ】
初期のうちは普通のほくろと変わりはありません。 急性進行性の皮膚癌で、急に大きくなったり色や形が変化したりしてきます。
そして形はいびつで、左右の対称性はなく盛り上がっているところやそうでないところもあり、境目がいびつでシミが広がったような感じになってきます。 進行するにつれ出血や膿が出たりと白人に多く見られます。  日本でも少しずつ増えてきていますが、まだ発症例は少ないようです。

メラノーマとほくろの見分け方を少しは理解できたでしょうか。 メラノーマは発生後、数ケ月のうちに急速に進んでいき、あちこちに転移する可能性のある怖い皮膚癌です。
早期のうちに発見することがとても重要なポイントですが、まず今私達にできることは鏡を見たり、体を見たりしてほくろの大きさをしっかり把握しておくことが重要です。 これからほくろ取りをしようと思う人やまだどうしようか迷っている人は、癌なんて自分には関係ないとは思わずに一度よく自分のほくろを観察してみましょう。
もしかするとそれが単なるほくろ取りではなく、癌治療に変わらないためにも。。。 それがただの勘違いで単なるほくろであったのならば、ぜひほくろ取り にチャレンジしてみて下さい。 きっと今までとはまた違った自分を発見でき、楽しくハッピーな生活を送れると思います。

ほくろをメラノーマとよく勘違いする人がいますが、 同じように見えて実は全く同じものではありません。同じようにみえて良性と悪性があります。 では、どうやって見分けたらよいのでしょうか?
これからほくろ取りをしたいと思っているけれど、もしかすると自分のほくろはメラノーマかもしれないと心配している人もいると思います。 そこでほくろとメラノーマの見分け方を紹介します。